BNLS注射とは何か?BNLS注射が持っている3つの効果とは?

BNLS注射は脂肪を溶かして体の外へ排出する、というタイプの小顔注射です。脂肪を溶かしたい部分に直接注射をして成分を流し込むというわけですね。

小顔になりたいと思っても、美容整形手術をするのはちょっと気が進まないということはありませんか。

メスを使って顔を変えられるというのは怖いですし、手術後の痛みや腫れも大きいです。

BNLS注射ならメスも使わないので体への負担が少なく、施術にかかる時間も注射するだけなのでとても短く、気軽に試してみることができますよ。

BNLS注射が持っている3つの効果と、どのくらいで効果が出るのか。そしてBNLS注射のメリットとデメリットをそれぞれご紹介しますね。

BNLS注射の持つ3つの効果とは

BNLS注射には3つの効果があります。それぞれご紹介していきますね。

脂肪を溶かす効果

BNLS注射には、ヒバマタという海藻から抽出された成分や、チロシンというアミノ酸の一種が含まれています。

ヒバマタには甲状腺ホルモンを作る材料であるヨードが含まれています。

ヨードから作られた甲状腺ホルモンは、脂質の代謝をうながします。つまり脂質をエネルギーに変えて燃焼するのを促進する効果があるんですよ。

チロシンは脂肪分解を進めるカテコールアミンや、脂肪を代謝してくれるチロキシンを作ります。

BNLS注射を脂肪がたくさんついている場所に注射すると、この2つの効果によって脂肪を溶かすことができるんですね。

顔は筋肉が少ない部位なので、ダイエットしても脂肪が落ちづらいという特徴があります。脂肪を溶かしてしまえば、落ちづらい脂肪も簡単に消えてしまいますよ。

溶かした脂肪を排出する効果

ヒバマタやチロシンによって溶かされた脂肪は、老廃物といって体にとって必要のないもの。

老廃物や水が皮膚の下に溜まってしまうとむくみとなってしまうので、なるべくスムーズに排出してしまう必要があるんです。

セイヨウトチノキというトチノキ科の植物や、アデノシン三リン酸というエネルギー産生物質には、体にとって不要なものを尿や汗などから体の外へと排出するはたらきがあります。

特にアデノシン三リン酸は、老廃物や水分をを運ぶための静脈を広げることによって、血流を良くしてくれるというものです。

血流が良くなれば老廃物が流れやすくなるだけでなく、顔色が良くなるという効果もありますよ。

痛みや炎症をおさえる効果

日本に分布しているキンポウゲ科のオキナグサや、ケシ科の一年草であるカラクサケマンから抽出される成分には、抗炎症作用などダウンタイムを減らす効果があります。

従来の脂肪溶解注射の場合はBNLS注射のようにダウンタイムを減らす効果がない上に、成分の刺激も強かったため、痛みや腫れが強く出てしまうというデメリットがありました。

そのため鼻や目元などデリケートな部分には使うことができませんでした。

人によってはダウンタイムといって、施術後に日常生活を送れるようになるまでお休みする期間を設ける必要もあったのです。

しかしBNLS注射なら、オキナグサやカラクサケマンの効果でほとんど施術後の痛みや腫れがありません。

つまりダウンタイムを設ける必要がないというわけなんですね。仕事や学校を休めない場合や、施術したことを周りに知られたくない人にとっては大きなメリットと言えますね。

BNLS注射をしてどのくらいで効果があるの?

BNLS注射は効果が出るまでの期間が、最短3日と短いです。従来の脂肪溶解注射だと効果が出るまで1~2ヶ月かかっていたことを考えると、ものすごく短いですよね。

1回では効果が出にくいこともあるので、3回程度施術するのが一般的です。1回施術した後で、1週間~10日の間隔をあけて次の施術をしてもらいます。

BNLS注射のメリットとは

BNLS注射には大きく分けて3つのメリットがあります。

  • 施術してから効果が出るまでが早い
  • 痛みや腫れが少ない
  • リバウンドの可能性が低い

ご紹介したとおり、施術してから効果が出るまで最短3日と非常に短いです。さらに痛みや腫れが少ないので、施術したことを周りに知られたくない場合は都合がいいですよね。

BNLS注射は脂肪細胞そのものを溶かしてしまうので、リバウンドをする可能性が非常に低いのも良いところです。

BNLS注射のデメリットとは

BNLS注射のデメリットも3つあります。

  • 効果がひかえめ
  • 脂肪が原因でない場合効果がない
  • 範囲が広くなると必要な注射量が増える

BNLS注射は効果がひかえめなので、人によっては物足りなく感じることも。

裏を返せば施術したことが人にバレにくいという特徴でもあるので、どういった効果を求めているかによっても感じ方が違いますね。

そしてBNLS注射はあくまで脂肪を溶かす注射なので、筋肉や皮膚の厚みなどが原因の場合には全く効果がありません。

BNLS注射は注射する範囲が狭ければ、必要な注射量が少なくなるため価格が安く済みます。

しかし範囲が広くなると、それだけ注射する量が増えて価格が上がることも。始めに金額は確認しておいた方がいいですよ。

BNLS注射は3つの効果で手軽に小顔になれます!

BNLS注射は注射したところの脂肪を溶かして、体の外に排出してくれます。

痛みや腫れも少なく体への負担も少ないため、気軽に施術してもらうことができます。効果がすぐに現れるところも良いところですね。

ただしBNLS注射は少し効果がひかえめと言われることも。

一目見ただけで気づかれるような効果はありませんが、施術したことを人に気づかれたくない人にはおすすめですよ。

関連記事

お酒はやめられない!小顔注射をした後いつからお酒を飲めるのか?

小顔注射は何回、何cc注入してもらったらスッキリ小顔になれるの?

小顔注射をした後いつから化粧ができるの?化粧できない場合とは?