団子鼻や大きい鼻もスッキリ!小顔注射には鼻にも効果がありますよ

団子鼻や大きい鼻はメイクで隠すのも難しいものです。顔全体のバランスも崩れてしまうのでコンプレックスになってしまいますよね。

思春期くらいからずっと鼻の形が気になっているなんていうことも。

ですが整形手術をするとなると「さすがにハードルが高いからやめておこうかな……」と、ためらう人が多いです。

確かにメスを使って大がかりな手術をするのは怖いですし、手術の後に腫れたり痛くなったりして日常生活に支障が出るのも困りますよね。

それなら小顔注射をしてみるのはいかがでしょうか。小顔注射ならメスを使わない手軽なプチ整形で、鼻の形を整えることができますよ。

どういった鼻に効果があるのか、小顔注射のうちどれが一番効果的なのか、そして気になる小顔注射の痛みについてご説明します。

団子鼻や大きい鼻になってしまう理由

団子鼻や大きい鼻になってしまう理由は、大きく分けて以下の3つです。

  • 軟骨の形が悪い
  • 皮下脂肪が厚い
  • 皮膚が分厚くて硬い

このうち小顔注射の効果があるのは、皮下脂肪が厚いパターンだけなんです。

軟骨の形が悪い場合は、軟骨を切ったり糸でぬい合わせたりするなどの手術を行う必要があります。皮膚が分厚くて硬い場合も、皮膚を切り取るような手術になります。

軟骨や皮膚の厚さに対して効果のある小顔注射は、今のところ残念ながらありません。

ですが皮下脂肪が厚いために団子鼻や大きい鼻になっているパターンについては、この後で詳しく紹介するBNLS注射が効果的なんですよ。

もともと鼻の形は気にならなかったのに、体重が一気に増えたことで顔のサイズが変わったなと感じる方。

それから鼻を触ってみると柔らかく脂肪がついている方なら、小顔注射で顔の印象を変えることができるかもしれません。

どの小顔注射なら鼻に効果があるのか

小顔注射にはBNLS注射、脂肪溶解注射、エラボトックスの3つがあります。一体どの小顔注射が鼻の形を整えるのに効果的なんでしょうか。

BNLS注射

鼻の形を美しくしたい場合に最も効果的な小顔注射は、BNLS注射です。

BNLS注射とは植物由来の成分により、鼻の周囲についている脂肪を溶かしたり代謝したりして、出てきた老廃物を汗や尿などで排出するというもの。

例えばBNLS注射の成分であるヒバマタという海藻には、ヨードという成分が含まれています。

ヨードは脂肪を燃やしてエネルギーに変えたり、成長を活発にする効果があったりするんです。

BNLS注射にはアミノ酸の一種であるチロシンも含まれています。チロシンから作られるカテコールアミンが脂肪の分解を進めてくれるんですよ。

BNLS注射には、ケシ科の植物であるカラクサケマンや、キンポウゲ科の植物であるオキナグサも配合されています。

これらには抗炎症作用やダウンタイムを減らす作用があります。

ダウンタイムとは日常生活に戻れるようになるまでのお休み期間のことで、腫れや内出血などがひどいために会社や学校などを休む必要が出てしまうんです。

しかしBNLS注射にはダウンタイムがほとんどありません。

つまり腫れや内出血がほとんどなく、施術した次の日からいつも通り会社や学校に行くことができるんです。

ただし後でまた詳しくご説明しますが、BNLS注射自体は痛みが少ない施術方法なのですが、鼻に注射する場合だけは強い痛みが出ることがあります。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射はフォスファチジルコリンという大豆から抽出された成分を使った注射のことです。

人の体にもある細胞膜の成分で、油と水が混ざるようにするための界面活性剤として様々な化粧水にも使われているんですよ。

体についた脂肪細胞を壊して溶かし、脂肪を体の外へと排出するという効果を持っています。

フォスファチジルコリンは刺激が強いため、脂肪溶解注射をおこなうと腫れや内出血、筋肉痛のような痛みが残ることも。

このような特徴のある脂肪溶解注射なのですが、実は鼻に対しては使うことができません。

BNLS注射と比べると腫れや内出血がひどくなるため、使うのが難しいようです。

エラボトックス

エラボトックスは簡単に説明すると、ボトックスというボツリヌス菌から抽出されたたんぱく質を使って、筋肉を動かなくする注射のことです。

筋肉が発達しすぎて大きくなっている部分を、ほっそりさせることができるというわけですね。

鼻には筋肉はありませんので、エラボトックスは使う必要がありませんね。

鼻へ小顔注射をする場合の痛みとは

小顔注射であるBNLS注射は、植物由来の成分で痛みが少ない注射なのですが、鼻だけは痛みが非常に出やすいと言われます。

そもそも鼻は、触ってみると顔の他の部位と比べても硬いことがわかるでしょう。

ここに注射をするのですから痛みが出てしまっても仕方ないですよね。

注入している最中も痛みがひどいようで「鼻が破裂するかと思った!」という口コミもあるくらいですから、痛みに弱い方は注意してください。

麻酔をしていても痛い人は痛いようです。

「痛いと言っても耐えられないほどではないし、一瞬で終わるから頑張った」と語る方もいらっしゃるので、鼻がコンプレックスで仕方ない場合は試してみる価値はありそうですよ。

小顔注射で鼻の形を整えるならBNLS注射が効果的!

小顔注射の中でも鼻に対して使うことができるのはBNLS注射のみです。

BNLS注射は植物由来成分で脂肪を溶かし、老廃物を排出するという効果があります。腫れや内出血が少ないので、鼻にも使うことができるんですね。

ただし他の部位に比べると痛みが出ることもあるので、痛みに弱い場合は注意してください。

小顔注射ならメスを使わずに鼻の形を整えられますし、ダウンタイムもないので翌日から通常の生活ができるところもポイントですよね。

関連記事

小顔注射で若返る!ほうれい線にも効果のある小顔注射はどれ?

小顔注射を選ぶなら?BNLS注射とエラボトックスを比較してみる

小顔注射は分厚いまぶたにも効果がある! どの小顔注射がいいのか?

ちょっと怖い!小顔注射での失敗や思わぬ副作用を紹介します

小顔注射はたるみに効果あり! 一体どの小顔注射が効果的なのか?

小顔注射はどのくらいダウンタイムが必要?3つの小顔注射を比較!