ちょっと怖い!小顔注射での失敗や思わぬ副作用を紹介します

小顔注射は顔という人から見える場所に注射するわけですから、とにかく失敗や副作用があると困ってしまいますよね。

もしも一生治らない傷になったらどうしようなんて思うと、なかなか小顔注射をしてみようと思えなくてもしかたありません。

小顔注射をすると実際にどんな失敗や副作用がありえるのでしょう。

BNLS注射の失敗や副作用とは

BNLS注射とは植物由来の成分によって、脂肪を溶かして体の外へと排出する効果のある小顔注射です。どんな失敗や副作用があるのでしょうか。

思ったより効果が出ない

BNLS注射は1回ではあまり効果が感じられないことが多く、基本的には7日~10日ほどあけながら3回以上施術することが多いです。

そして施術が完全に終了したとしても、整形手術のように見た瞬間にわかるくらいの大きな変化がないことも。

久しぶりにあった友人に「最近ちょっと痩せた?」と言われる程度に落ち着くことが多いです。

これを、人にバレずにプチ整形できてよかったと感じるか、全然変わってない! と感じてしまうかは個人差があるでしょう。

一目見て顔が変わっているというレベルでの変化が欲しいなら、他の施術方法を試してみるのもいいかもしれませんね。

顔のバランスがおかしく感じる

これは施術する医師の腕が関係しています。腕の良い医師が施術すれば、顔のバランスが崩れておかしくなることはありません。

施術した後には顔が腫れたりむくんだりすることもあるので、施術直後であれば様子を見てみるのも良いでしょう。

腕の良い医師のいるクリニックをしっかり選んで施術してもらってくださいね。

施術前の状態に戻ってきたような気がする

BNLS注射は脂肪細胞自体を減らす効果のあるものなので、基本的にはリバウンドすることはありません。

脂肪がつくというのは、脂肪細胞が膨らむことによって起こるからです。

しかし体重が増えて脂肪が膨らみ続け、これ以上どう頑張っても膨らめないという大きさになってしまった場合。なんと脂肪細胞が分裂しはじめてしまうのです。

脂肪細胞が分裂して増えてしまうと、せっかく減らした脂肪細胞がまた増加してしまい、施術前の状態に戻ってしまうことも考えられます。

そのため、施術後は食生活や生活習慣に気をつけてくださいね。

脂肪溶解注射の失敗や副作用とは

脂肪溶解注射とは、フォスファチジルコリンという大豆由来の成分で、脂肪細胞を破壊して老廃物として体の外へと出す小顔注射です。失敗や副作用をご紹介しましょう。

脂肪溶解注射の成分でアレルギー反応

大豆由来の成分なので、大豆に対してアレルギーを持っている人は注意してください。吐き気や赤みなど、アレルギー反応が起こることがあります。

脂肪溶解注射はフォスファチジルコリン以外の成分について、特に決まりがありません。そのためクリニックによっては体に合わない成分が含まれていることも。

この成分が原因になって調子を崩す可能性もありますので、施術してもらう前にどんな成分が含まれているかを確認しておきましょう。

ダウンタイムが思ったより長引いている

脂肪溶解注射は肌にとって刺激が大きく痛みや腫れが1週間ほど続くため、ダウンタイムが必要になることがあります。

人によってはマスクやメイクなどを使って隠すことにより、すぐに学校や会社へ行ける人もいます。

しかし自然治癒力が低い人の場合、なかなか痛みや腫れが引かないこともあるのです。

1回では効果が出ない

脂肪溶解注射は1回では効果が出にくいことも。十分に効果を出すためには3回以上の施術が必要になることが多いですよ。

エラボトックスの失敗や副作用とは

エラボトックスとは筋肉に注射することで、筋肉が動かないようにできる小顔注射です。

筋肉が過剰に大きくなってエラが張っている時、エラを作っている咬筋という筋肉に対して使います。どんな失敗や副作用がありえるのでしょうか。

頭痛がするようになった

エラボトックスを使うとこれまでの筋肉バランスが崩れるので、頭痛が起きることもあります。

エラボトックスは咬筋という噛む筋肉に対して効果を発揮するため、噛み合わせが悪くなることによっても頭痛が起こります。

表情がこわばって不自然に

エラボトックスは表情筋が動かなくなるようにするものなので、筋肉が偏って表情が不自然になってしまうことも。

これは咬筋以外の筋肉に対して、エラボトックスが効いてしまったことによって起こります。

エラボトックスは3~6ヶ月で効果が切れるので待つしかありません。いつまでも隠すわけにもいきませんし、とても困りますよね。

エラが余計に目立つようになった

これも咬筋以外の筋肉にエラボトックスが効いている可能性が高いです。咬筋でない筋肉が弱ってしまったため、逆に咬筋が目立つようになってしまったというわけですね。

せっかくエラを消そうと頑張ったのに、エラが目立ってしまうのは本末転倒と言えます。

小顔注射は副作用や失敗もありえる

小顔注射の種類によって違いますが、副作用や失敗もありえます。

BNLS注射は思ったより効かなかったという失敗例が多い傾向にありますね。

脂肪溶解注射は痛みや腫れなどについて、エラボトックスは表情がこわばったり頭痛がしたりという副作用もあるようです。

頻度はそれほど高くないようですが、副作用や失敗があると怖いものですよね。

医師の腕が良ければ避けられる失敗も多いので、信頼のおけるクリニックを探して契約を結ぶようにしましょう。

関連記事

せっかく小顔注射したのに!小顔注射でリバウンドすることはある?

どっちが効果的?BNLS注射と脂肪溶解注射を比較してみました!

小顔注射を選ぶなら?BNLS注射とエラボトックスを比較してみる

小顔注射は一体いつからどれくらいの時間、効果が続いてくれるの?

小顔注射は頬骨あたりのぷにっと盛り上がる肉にも効果があるのか?

小顔注射で若返る!ほうれい線にも効果のある小顔注射はどれ?