小顔注射をした後いつから化粧ができるの?化粧できない場合とは?

整形手術などをするとしばらく化粧ができないことがあります。化粧ができないとなると、普段の生活に大きな支障が出てしまいますよね。

特にモデルなど写真撮影のある仕事だったり、受付や来客のあるような仕事だったりすると、化粧をせずに仕事をするわけにもいきません。

仕事を休んでまで整形手術はできない、という人も多いのではないでしょうか。

それなら小顔注射を使ってみるのはいかがでしょう。

基本的には小顔注射は整形手術とは違うので、小顔注射が終わった後にすぐ化粧できることが多いです。翌日からは、いつも通りの化粧ができますよ。

それぞれの小顔注射は一体いつから化粧ができるのか、化粧できない場合があるのかなど、化粧にまつわる疑問点を解消していきますよ。

小顔注射をした後いつから化粧ができるのか

それぞれの小顔注射について、施術後いつから化粧ができるようになるのでしょうか。

BNLS注射

BNLS注射とは植物由来の成分によって脂肪を溶かし、体の外へと排出する小顔注射です。痛みや腫れが少ないという特徴があります。

基本的にはBNLS注射をした当日から洗顔、化粧をすることができます。

注射したところを冷やし終わったらすぐ化粧をして帰っても良いと言われるクリニックもありますし、2時間程度化粧をおやすみしたほうが良いとするクリニックも。

しかし注射をした直後というのは、どうしても針穴から雑菌が入りやすくなっています。

雑菌が入ると赤く腫れてしまうこともあるので、可能なら翌日まで化粧しないほうがいいでしょう。

BNLS注射をする当日だけマスクで隠しておき、翌日からいつもの化粧をしていくのが最も安全ですよ。

そのため施術する当日はあまり予定を入れないほうがいいかもしれませんね。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射とはフォスファチジルコリンという界面活性剤として使われる成分によって、脂肪細胞を破壊し、分解して体から排出するタイプの小顔注射です。

脂肪溶解注射もBNLS注射と同じで、注射をした当日から洗顔や化粧が可能ですよ。

ただし脂肪溶解注射の場合は、BNLS注射と違って施術後に思ったより赤く腫れ上がってしまうことがあります。

そうなると化粧できたとしても、腫れを隠せないこともあるでしょう。

また腫れているということは炎症を起こしているということなので、あまり触らないほうが良い状態です。

脂肪溶解注射の場合は、基本的に施術する当日はマスクを用意しておくほうが良いでしょう。

もちろん腫れが少ない場合はそのまま化粧して帰ることも可能ではありますので、化粧道具も一緒に持っていくと良さそうです。

エラボトックス

エラボトックスとは、ボトックスという成分を発達しすぎた筋肉に注射するものです。ボトックスの効果で筋肉が細くなるため、フェイスラインをスッキリさせられます。

エラボトックスも注射した当日から洗顔、化粧ができますよ。

施術後に腫れることもほとんどありませんので、注射針のあとが気にならない限りは化粧をして家に帰ることが可能です。

小顔注射をした後の化粧の注意点とは

では小顔注射をしたあと、どんな化粧をするといいのでしょうか。基本的にはいつも通りの化粧をしても構いませんが、以下のことに気をつけるとより安心です。

注射したところを避けると良い

注射をした当日は、まだ針穴があいている状態です。そこから化粧品の雑菌が入ると腫れてしまう可能性が。

できれば注射したところは避けるように、ポイントメイクくらいにしておくのがベストです。

化粧を落とすためにマッサージをするのはダメ

化粧落としのためにマッサージをする習慣がある人もいるでしょう。ですがこれをしてしまうと、内出血や腫れの原因につながります。

しばらく施術した場所のマッサージはやめておく方が良いですよ。

小顔注射をする前は化粧しないほうがいいのか

小顔注射をする直前まで、仕事や学校で忙しくしている人も多いでしょう。

クリニックへ行くときは普段の化粧をしたままで問題ありませんよ。クリニックで化粧を落とせるようになっているところがほとんどです。

エラボトックスにいたっては、注射するところだけ化粧を落として施術することもあります。

基本的には小顔注射をした後すぐに化粧できます

  • 小顔注射をする前:そのまま化粧をしてクリニックへ行って問題ありません。
  • 小顔注射をした後:針穴が目立つようなことがない限り施術したその日から化粧することができます。

ただしクリニックによっては、2~3時間化粧をお休みした方がいいとするところや、翌日からにした方がいいとするところもあるので、事前に確認してみてくださいね。

化粧ができなくなることはないのですが、万が一注射をした後に大きく腫れた場合、化粧で隠しきれないことも。

施術後に針穴が目立つような場合も、雑菌が入るのを避けるため化粧しないほうが良いことがあります。

そういう時のために、念のためにマスクを用意しておくと良いでしょう。

関連記事

お酒はやめられない!小顔注射をした後いつからお酒を飲めるのか?

小顔注射は何回、何cc注入してもらったらスッキリ小顔になれるの?

BNLS注射とは何か?BNLS注射が持っている3つの効果とは?