小顔注射は何回、何cc注入してもらったらスッキリ小顔になれるの?

一度小顔注射をしたのになかなか効果が出ないと「もしかすると、このまま注射しても効果がないのでは……?」と思ってしまうかもしれません。

小顔注射は整形手術よりもダウンタイムも少なく気軽に施術してもらえるものですが、実は1回では完了しないことも多いものです。

何回もクリニックに通う必要があると、負担が大きすぎますよね。特に毎日忙しく働いている女性の場合、そう何度も時間を取るのは難しいことです。

一体小顔注射は何回、そして1回あたり何cc注入してもらったら小顔になることができるのでしょうか。

小顔注射はそれぞれ何回通えばいいのか

小顔注射のBNLS注射、脂肪溶解注射、エラボトックスはそれぞれ、効果が続く時間も何回通ったらいいのかも異なります。

もちろん個人差もありますのでこの限りではありませんが、一般的にはどのくらい通えば良いものなのでしょうか。

BNLS注射

BNLS注射とは植物由来の成分で脂肪を溶かし、汗や尿などで老廃物として排出するという小顔注射です。

同じように脂肪を溶かす脂肪溶解注射に比べて、痛みや腫れを緩和するオキナグサやカラクサケマンが配合されているため、ダウンタイムが少ないことで知られています。

BNLS注射は1回ではあまり効果が実感できないでしょう。

というのもBNLS注射は一度使ったら顔が激変するというものではなく、周囲の人にバレない程度にこっそり脂肪を減らすというものだからなんですね。

BNLS注射の施術は合計3回程度行うことが多いようです。脂肪が多い場合は、もっと回数を増やすこともあります。

施術が終わる頃には、久しぶりに会った友達に「もしかして痩せた?」と思ってもらえるかもしれません。

痛みや腫れが少ないので、1回施術してからわずか1週間~10日で次の施術をしてもらうことができます。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は主にフォスファチジルコリンという界面活性剤としても使われる成分を使い、脂肪を壊して体の外へ排出するというものです。

BNLS注射とよく似ているのですが、体にとってはフォスファチジルコリンの刺激が強いため、痛みや腫れが大きく出てしまうというデメリットがあります。

脂肪溶解注射もBNLS注射と同じで、1回で終わるということはあまりないようですね。3回程度行うのが通常で、脂肪が多い場合は5回くらいかかることもあるようです。

2回目の施術をするまでには2週間ほどかかるので、BNLS注射より完了までに時間がかかってしまいます。

エラボトックス

エラボトックスはボトックスという成分を筋肉に注射することで、発達しすぎた筋肉を動かなくしてほっそりさせるというものです。

咬筋という噛む時に使われる筋肉に対して使うことで、エラが張ったような顔をスッキリさせることができるんですよ。

エラボトックスは1回施術してから3~6ヶ月で効果が切れてしまいます。効果が消えたら次の施術をしてもらい、5~6回すれば効果が定着すると言われています。

短期間で何度も通うというよりは、長期間かけて定着させるような感じですね。

小顔注射は1回あたり何cc注入するものなのか

小顔注射は種類によって注射する量も変わります。1回あたり、どのくらいの量注入すればいいのでしょうか。

BNLS注射

BNLS注射の注入量の目安をまとめました。

  • 目の上   1~2cc
  • ほうれい線 1~3cc
  • 小鼻    0.5~4cc
  • 鼻筋    1~4cc
  • あご    3~5cc
  • 頬(片方) 1~5cc
  • おでこ   1cc

もちろん脂肪の量よっても注入量は変わります。どのくらいの効果を狙っているか、そしてクリニックによっても考え方が違うので、あくまで参考程度にご覧くださいね。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は何ccという表現は使わず、一本、二本という数え方をします。

一本あたりの注入量はクリニックによってまちまちですが、基本的に女性の手のひら1枚分くらいの大きさに一本分を注入すると決まっています。

  • フェイスライン~あご下 1本
  • 頬(片方)       1本~2本

となっていて、鼻や目の上などデリケートな部分には使用しないのが一般的です。

エラボトックス

エラボトックスも何ccという表現は使いません。

というのもエラボトックスはほんのわずかなボトックス菌の粉を、生理食塩水で薄めたものを注射して使うからなんですね。

言ってしまえばボトックス菌の量は同じでも、1ccにすることもできますし100ccにすることだって理論上は可能です。

なのでエラボトックスの場合は、何cc注入すると書かれていてもあまり参考にしてはいけません。

それよりもボトックス菌の量を見ることが大切です。ボトックスの量を「単位」と数えるのですが、両頬で40単位~60単位使うのが一般的です。

筋肉がそれほど大きくなっていない人は40単位くらいで、筋肉がしっかり発達しているのなら60単位くらい使うことが多いようです。

小顔注射それぞれで回数も注入する量も違う

BNLS注射や脂肪溶解注射は、合計で3回程度の施術が必要です。

エラボトックスは1回でも十分な効果が出ますが、効果が切れる3〜6ヶ月ごとに5回程度施術してもらうことになります。

どの小顔注射も、負担になるほどの回数ではなさそうですよね。

通う回数と期間を総合的に考えると、BNLS注射は7日~10日おきに3回通えば良いので、一番早く終わらせることができますよ。

注入する量は小顔注射ごとに使う単位も異なりますが、それぞれで目安が決まっています。多くても少なくてもよくないので、適量を注入してもらってください。

関連記事

BNLS注射とは何か?BNLS注射が持っている3つの効果とは?

小顔注射をした後いつから化粧ができるの?化粧できない場合とは?

お酒はやめられない!小顔注射をした後いつからお酒を飲めるのか?