小顔注射はたるみに効果あり! 一体どの小顔注射が効果的なのか?

顔にたるみができてしまうと、一気に老けて見えてしまうのでショックですよね。

特に同窓会なんかで同い年のみんなと集まるときに、たるみができていると自分だけ老けているように見えて辛いものです。

たるみをなくしたいと思っても、美容整形手術をするのは時間や金額もかかりますし「そもそも顔を切ったりするのは怖い……」ということもあるでしょう。

それならたるみの改善に効果のある、小顔注射を使ってみてはいかがでしょうか。

小顔注射はメスを使わないプチ整形で、美容整形手術より腫れや痛みも少ないということで人気なんですよ。

一体どんな小顔注射がたるみに最も効果的なのでしょうか。たるみができる原因とあわせてご紹介していきます。

たるみができる原因とは

たるみができる原因は主に3つあります。ひとつずつ確認していきましょう。

皮下脂肪が増えた

脂肪が増えることによって太ると、皮下脂肪が大きくなっていきます。大きくなったぶんだけ、強い力で重力に引きずられるため肌が下がってしまうのです。

この肌を下へ引きずる重力に、肌が耐えきれなくなるとたるみができてしまいます。

小顔注射によって対処できるタイプのたるみの原因です。

筋肉が衰えた

顔には表情筋という表情を作るための筋肉があります。加齢などの原因によって表情筋が衰えると、表情筋の上に乗っているものを支える力が弱くなってしまうんです。

表情筋の上には、皮下脂肪や皮膚が乗っかっています。これを支えきれないということは、重力によって引きずられてしまうというわけですね。

先ほど紹介した皮下脂肪の増加と合わさると、相乗効果でさらにたるみが大きくなってしまいます。

小顔注射を考えるときに、注意が必要なたるみの原因です。

肌に弾力がなくなった

肌の奥にある真皮という部分には、肌に弾力を与えているコラーゲンやエラスチンという成分があります。

加齢によって肌の生まれ変わりが遅くなったり、紫外線の影響を受けたりすることで、コラーゲンやエラスチンの量は減ってしまうんです。

すると肌に弾力がなくなってハリを失い、たるんでしまうというわけですね。

小顔注射には、コラーゲンやエラスチンに対して効果を発生するものはありません。そのため、このパターンでたるんでいる場合は他の方法を検討すると良いでしょう。

小顔注射はたるみにどんな効果があるの?

小顔注射には脂肪溶解注射、BNLS注射、エラボトックスの3種類があります。たるみに効果的なのはどの小顔注射なのでしょうか。

脂肪溶解注射:効果あり

脂肪溶解注射とは大豆由来のたんぱく質であるフォスファチジルコリンが、脂肪細胞の膜と核を取り出して、体の外へと排出する小顔注射のことです。

脂肪を溶かす効果があるので、皮下脂肪がつくことによって重力がかかりすぎてたるんでいる場合には、効果を発揮してくれますよ。

デメリットとしては痛みや腫れ、むくみが出てしまうことです。ひどい場合は、仕事を休む必要が出てしまうことも。

だいたい腫れやむくみは1週間くらいで治ります。

効果が出るまでには1~2ヶ月かかります。2週間くらいあけて、3回以上は施術する必要があると言われます。

BNLS注射:効果あり

BNLS注射とは植物由来の成分を注射することによって、いらない脂肪を溶かす注射のことです。

脂肪溶解注射と同じく、皮下脂肪を溶かすことによって効果を生み出します。

溶かした脂肪を血液やリンパに乗せて排出してくれる効果もあるので、リバウンドすることがないのも特徴なんですよ。

脂肪溶解注射に比べると腫れや痛みが少なく、仕事を休んだりする必要もありません。

というのも、BNLS注射には痛みや炎症を抑えるオキナグサ、カラクサケマンという成分が含まれているからなんです。

その上最短3日で効果がわかるということもあり、BNLS注射はたるみが気になる場合に最もおすすめの小顔注射です!

1週間~10日おきに3回くらい施術する必要があります。

エラボトックス:効果なし

エラボトックスとは、筋肉にボトックスというタンパク質の一種を注射するものです。

ボトックスは筋肉を動かすときに必要なアセチルコリンという情報伝達物質が分泌されないようにすることで、筋肉を細くする効果があります。

肌がたるみが気になる場合、エラボトックスは使わないようにしましょう。というのも、肌のたるみは筋肉が衰えることによって起こることもあるからです。

つまりエラボトックスによって筋肉が弱ってしまうと、たるみが余計ひどくなることもあるというわけです。

たるみに効果のある小顔注射はBNLS注射と脂肪溶解注射!

エラボトックスは筋肉を弱らせて小顔にするものです。たるみは筋肉が弱ることで起こるので、たるみの改善にはエラボトックスは向いていません。

つまり小顔注射のうち、たるみに効果があるのはBNLS注射と脂肪溶解注射の2つです。

どちらも同じように皮下脂肪を溶かすことによって、重力がかかって皮膚が垂れ下がるのを止めてくれる効果があるんですよ。

BNLS注射と脂肪溶解注射を比べると、BNLS注射の方が痛みや腫れが少なく、短期間で効果が現れるのでおすすめできます。

脂肪が原因でたるんでいる場合には、小顔注射を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

小顔注射はどのくらいダウンタイムが必要?3つの小顔注射を比較!

ちょっと怖い!小顔注射での失敗や思わぬ副作用を紹介します

二重あごで太って見える!二重あご改善に効果のある小顔注射とは

小顔注射は一体いつからどれくらいの時間、効果が続いてくれるの?

小顔注射は頬骨あたりのぷにっと盛り上がる肉にも効果があるのか?

小顔注射は分厚いまぶたにも効果がある! どの小顔注射がいいのか?